5年間も引きずり悩んでいたあの日の自分

私は一途な性格なので、終わった恋に対して前向きになれないのですがすごく好きだった友人に告白してフラれた時には結局5年は忘れられず引きずりました。

好きな気持ちが不完全燃焼で残り火のように、心にくすぶり続けました。女の友人はそんな私に半ば呆れていました。まだ好きなの?

しつこい!怖い!などと冗談半分に言われたものです。だからといってストーカーじみた事などしません。心で思って忘れられないだけです。

あまりにも突然ふられて、他人になってしまいましたので心がおいてけぼりになっていたんだと思います。不完全燃焼だからこそ、忘れることができないのかもしれません。その5年のあいだに何度か彼を見かけました。

しかし彼は冷淡でしたし、惨めな気持ちになりました。告白する前は非常に仲が良かったので変わり身の速さがすごかったのが驚きです。でも年月を重ねるごとに傷は和らいで行きました。

冷静になり、無慈悲な彼の対応を少しずつ自分の中で受け入れることに成功しました。そして最終的にはあんな人と結ばれなくて良かった。付き合っていたら、モラハラ被害者になっていたかもとか思うに至りました。

今はもう過去の話なので、いつかどこかで街角ですれ違う事があるなら、その時こそ私は彼に冷たく対応できます。ただあの当時はご飯も食べられないほど傷ついて、感傷的になって見苦しいほど苦しんでいました。

結局今では当時の自分は、酔っていただけだと思えるのですが若かったこともあるし、この恋が生涯の恋だと思い過ぎていました。恋なんてほかにもゴロゴロ転がっているのに、一途に考えすぎていた自分が愚かだったと思うばかりです。

あの日の自分に逢ったら、言ってあげたいです。あなたがこれから出会う人のほうが数百倍素敵だよと。教えたいです。

SNSでもご購読できます。