失恋から立ち直るには最後は自分次第

失恋から立ち直る方法

人間だれしも、性別、年齢、職業を問わず恋愛をすれば、その逆である失恋も経験することでしょう。そして、恋愛がすばらしいものであればあるほど失恋した時の痛みや立ち直るまでの時間や心の整理も必要になってくるものです。もちろん、個人によって失恋による心の痛手は異なってくるものです。

また、小学生のころ、告白して失恋してしまったのと大人になってプロポーズをして断られるのとはわけが違います。小学生の好奇心と将来を決めるプロポーズの違いなのでもちろん、その違いは明白であってしかりです。また、これは世代だけではなく年齢によっても異なります。

深い恋愛であるほど男性の方が落ち込みが強く、一般的には女性の方が切り替えが早いといえるかも知れません。あくまで一般論なので異論はあるかもしれません。しかし、ふられたときはいったん、深い恋愛であればあるほど落ち込み、考えることも必要だと思います。自分にとってその恋愛がどんなものだったのか、これからどういったことを心がければ恋愛をうまくこなせるか、また、結婚委踏み出すような付き合いはどうしたことが必要か。

こうしたことを考えていくにはしっかり考える時間が必要です。逆にこうした考える、または落ち込むことあないようであれば、同じ失敗を繰り返してしまうことにな理科ねません。問題はそのあとです。

どうやって立ち直るのか、どうやって次の出会いに踏み出すことができるのか。このポイントをしっかりセルフコントロールできる人間になっていくことが重要です。また、こうしたセルフコントロールができることが恋愛上手にもなっていくのかもしれません。

同性、異性を問わず、人と接する時間を大事にする

恋愛に失敗した後はまずは自分自身でしっかり考えることが重要だと前述で記載しました。

この時は一人でしっかり考えることが重要なのですが、これを一人で抱えてばかりいてはいけません。親しい友人、親族、家族でも構いません。性別を問わず、自分が信頼のおけるだれかに自分自身の考え方が客観的に見てどういう評価がされるのかしっかり聞いてもらうことが必要ではないでしょうか。

もちろん、こうして人に話を聞いてもらうことが失恋のリフレッシュのかわりになるかもしれません。女性の場合は、学生のころから失恋すると友達と一緒にお泊り会をしたり、カラオケに行ったりしていろいろ打ち明けるものですがこの機会を単なるリフレッシュだけではなく反省の場とすることが重要です。実はこれは私の考えでは男性も必要だと思うわけです。

恋愛のことを人に対してかたることそのものが女々しいという考え方もあるかもしれませんが、こうした時こそ親しい人間に寄り添い、頼り、自分の考え方を伝えてみて客観的に見てもらうことが恋愛だけではなく、ほかの事象に対しても非常に重要なポイントになるのだと思います。

こうして、失恋を通じて自分に接してくれる人間は間違いなく恋愛以外でも頼りにできる人間であり、一生かけても大事にしていかねばならない人間であるとわたしは断言できます。

仕事以外で何かに没頭できる、または趣味を見つける

失恋した時には何かほかに没頭できることを見つけましょうという一般論はよく聞きます。しかし、没頭できるものを見つけるのはもちろん、前述の自分自身をしっかり見つめなおした後のことです。自分自身を見つけなおさずに何かをさがそうとすると同じ失敗をくり返す過程になってしまうからです。

これは仕事でも恋愛でも通常の人づきあいでも同じことではないでしょうか。この過程を経たあとに何か没頭することを見つけるべきです。これは私の個人的な見解ですがこの没頭する対象として仕事は今一つ推奨できません。なぜなら仕事は恋愛がうまくいっていようがいまいが、失恋していようがいまいがかわらず、没頭していくべき対象だと考えているからです。

もちろん、心の状態で仕事に対する考え方が変わってくるのはある程度仕方ありませんがお金をもらって仕事をしている以上、あまり変動要素があることは好ましくないと考えています。ですから没頭すべきものの対象は新たな趣味であるとか、現状凝っているものをさらに深めるといったことになってくると思います。

これは気を紛らすというよりも自分自身の頭の中から恋愛の占める比率を少し減らしてみるという意味です。こうしたチャンスでもないと新たなチャレンジということはなかなか難しいかもしれません。通常は仕事と恋愛で気持ちも時間も、そして肝心の頭の中もいっぱいになってしまうからです。

恋愛を頭の中で考えなくてもいいタイミングを狙って新たなチャレンジをすることがタイミングとしては非常に良いことなのではないでしょうか。場合によってはこういったタイミングで出会った事象が一生の宝物になる可能性もあるのではないのでしょうか。

それだけ、失恋のあとは頭の中、心の中に隙間ができていろいろなことを考える時間も余裕もできるというプラスの考え方をすることもできるということです。

人との交わりや趣味の中で新たな出会いに踏み切る(まとめ)

ここまでを改めてまとめてみます。失恋した時にはまず、自分自身の恋愛について振り返ってみて、何が悪かったのか、どうすればよかったのか、これからの恋愛で気を付けるべきことをしっかり考える。次のステップとしてはその自分の考え方を同性、異性を問わず、信頼のおける人間に伝えてみて客観的な意見をもらう。

こうしたことで人間とのつながりを深めるこtもできるのかもしれませン。そして、次のステップ。恋愛が自分の生活からなくなったことでできる時間、特に頭や心の中のすきまに新たなチャレンジ、または趣味を見つけて取り組むということです。

ここまで書いてきたことは簡単に見えるようですが自分自身をしっかりコントロールできないと非常に難しいことだと思います。また、機械的にこうした心の動きをコントロールできるような人間は非常に少ないのだと思います。逆にあまりにもおうしたセルフコントロールができるような人間はかえって面白味もないのかも知れません。

こうした過程を経るころには失恋の痛みもなくなっているはず。そうすれば、なんといっても新たな出会い、恋愛を探すステップになってくると思います。もちろん、恋愛を始めようと心に決めたからといって相手がいないとどうにもこうにも始マりません。また、ここに至るまでの期間もひとによって、または前の失恋の内容によって異なってきます。

しかし、自分自身の失恋後の行動や心の持ち方ではいろいろな環境変化があって、出会いの場もあるはずです。それが新たなチャレンジ、趣味の場かも知れませんし、失恋について相談した異性の友人かも知れません。しかし、失恋を経て少しでも成長した自分がいれば新たな出会いについても受け入れることができると思いますし、自分から踏み切ることもできるのではないかと思います。

仕事や通常の人づきあいと同じで失敗を繰り返しながら、その反省を生かして自分自身が成長することで素晴らしい恋愛もできるはずです。出会いはいつどこであるかわかりません。また、その出会いがいいものかどうかを判断するのも最後は自分自身です。

だからこそ、過去の反省をして、自分自身を振り返って新たな出会いに踏み切っていくことが重要なのです。

【関連参照サイト】失恋を乗り越える方法集めました!